借りるということの重み

初めてキャッシングを利用したのは20歳になったばかりだっただろうか、収入の少なさもあり1つの所から借りられる金額は多いものではなく、あっという間に数社と契約を交わしていた。

しかしその頃はお金を借りるということがどういうことかわかっていなかった。
クレジットカードも当然のようにリボ払い、時期を見て増枠しては自堕落な生活をしていた。

気付けばカード会社や消費者金融への返済だけで一月7万円ほどかかっており、これもまた当然のように支払いが間に合わなくなってきた。
どうしても返済できない時はショッピング機能を現金化するサービスに申し込み、無駄な手数料を払いまた負債額を増やしたりしていた。

そして飼っていた猫が老いて様々な病気を併発し、治療費として月に10万円ほどをカードで支払うこととなり、流石にもう限界で自分の生活もできなくなるのだが、そこでどうするかと言うとまた借りられるところを探すのだ。

気付けば200万ほどの借金が出来たのだが、返済はできないしもうどこも貸してくれない、既にブラックリストに入っていたのだろう。
藁をもすがる思いで借入の相談をしたとある会社で、担当者の男性があまりにも酷い私の状況を見かねて個人的に頼りになる弁護士がいると自己破産を勧めてくれた。

連絡を取ってみるからと電話をしに席を外す時、「もうこれ以上借りては駄目だよ」と言われたことでどうしようもなく泣けてきた。
その日のうちに弁護士事務所へ行き、私の状況では債務整理より自己破産の方が良いというのでお願いすることにした。

勿論弁護士費用はかかるが、分割で相談に応じてくれた。
そこでもまた言われたのだ。「もう借りちゃ駄目だよ。」
財布の中にあるカード類を全て渡し、これはハサミで処理しておくからねと言われた。

返済に追われる日々はなくなり、少しずつ弁護士への支払いに充てるだけで良いことが本当に救いのように感じた。
それだけではなく、様々な書類が必要だったことが少し大変だったけれど、そんなことを言える立場ではないのでつたないながらも手続きを進めていった。

過去2年間における銀行口座の出勤履歴が必要だったが、全てネット銀行にしていたため過去の分を遡って銀行から取り寄せたり、家計簿をつけたりするのだ。
手続きをしてから1年ぐらいが経ち、ある程度資金も貯まってきたのでいよいよ破産申立をするというので裁判所へ行くこととなる。

自己破産申立者が集まり、名前の確認と申立に間違いがないかという問答が流れ作業のように行われる。
中には1人で来ていた人もいたが、私の場合は弁護士同伴の上もう1人の破産者との3人だった。

テレビやニュースでしか見たことのないあの法廷の、前の席へ座り質問に答えるのだが、この時また「もう借りては駄目だよ」と言われた時のような気持ちとなった。

様々な人に迷惑をかけたこの行いは、もう二度と選びたくない選択肢だ。
債務整理や自己破産は自分の責任を負わず逃げるという手段だけれど、どうしようもなく悩んでいるなら一度弁護士に相談してみてほしい。
情けない自分をちゃんと認めてでも生きていく為に。